栃木GB-群馬戦 1回表栃木1死一、三塁、八木が左前適時打を放つ=群馬県伊勢崎市野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木GBは16日、群馬県の伊勢崎市野球場で群馬と対戦し、2-17で大敗した。連勝は2で止まり、通算成績は3勝2敗となった。

 栃木GBは初回に八木健史(やぎたけし)の左前適時打で幸先良く1点を先制したが、先発したウーゴの調子が上がらず四回途中5失点で降板。2番手以降の投手も制球が定まらず、五回に打者12人の猛攻を浴びて7失点。六回からは4番手として「ナックル姫」こと吉田(よしだ)えりが今季初登板したが、2イニング目の七回に連続本塁打を浴びるなどして5失点した。

 栃木GBは21日午後6時から、佐野市運動公園野球場で巨人3軍と対戦する。