野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、2月の合同トライアウト後のドラフト会議で指名した2人と選手契約を結び、6人と練習生契約を結んだと発表した。

 選手契約を結んだのは西瀧雄大(にしたきゆうた)投手(19)=兵庫・三田西陵高-兵庫柔整専門学校-KC西宮クラブ=と江畑秀哉(えはたしゅうや)内野手(25)=千葉・成東高-立教大-TOKYO METS。

 練習生契約を結んだのは真岡高OBの青山遥希(あおやまはるき)投手(22)=日本ウェルネススポーツ大、国学栃木高OBの岡本恭佑(おかもときょうすけ)投手(21)=スリーナインクラブ、白鴎足利高OBの鈴木駿介(すずきしゅんすけ)内野手(19)のほか、斉藤雲太郎(さいとうくもたろう)内野手(22)=茅ケ崎サザンカイツ、菅野亜門(かんのあもん)外野手(22)=BBCスカイホークス、長嶺拓未(ながみねたくみ)内野手(20)=福島ホープス。