自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンを運営するサイクルスポーツマネージメント(宇都宮市今泉町)は7日、2016年シーズンの決算を発表し、売上高は1016万円増の2億462万円で、設立9年目で初めて2億円を突破した。

 砂川幹男(すなかわみきお)会長は「会社から声を掛けていただく機会が増えた。今後も手厚く説明し、チームの活動に理解を深めてもらう」と話した。売上高はスポンサー収入とイベント売上高が大きく伸びた。ユニホームスポンサーだけで3社増の26社となり、スポンサー収入は601万円増の7100万円。イベント売上高は538万円増の1968万円となった。