村田さんが自宅のガレージで開いている作品展

 【宇都宮】曲げ物の県伝統工芸士村田茂(むらたしげる)さん(86)が12日から、若草4丁目の自宅の駐車場で、自らの作品を並べた展示会を開いている。14日まで。

 曲げ物は木材を熱い湯に浸して曲げ、生活用品などに加工した工芸品。村田さんは、各種公募展での入賞歴があり、2004年に県伝統工芸士の認定を受けた。作品展や小学校での授業などを通じて、曲げ物を後世に伝える活動を続けている。

 今回は花器や盆、鉢など約80点を展示した。