獨協医大日光医療センター(日光市高徳)の移転計画で、日光市が移転先の用地について支援する方針を固めたことが21日までに、複数の関係者への取材で分かった。同大が希望している日光産業団地(同市森友、土沢)の土地取得を支援する見通しで、支援額は10億円規模になるとみられる。

 県西地区の地域医療を担う中核病院存続のため、大枠の支援方針として近く表明する。

 同市では4月に市長選を控えており、現執行部は大枠を示すにとどめる。このため現時点では、財政支援や用地譲渡といった具体的な支援方法や、財源などについては未定だ。