【矢板】市は18日の市議会全員協議会で、2018年度一般会計当初予算案に盛り込む新規事業を明らかにした。主な事業として市内在住の80歳以上の申請者にタクシー券を交付する事業に1600万円、3地区の地籍調査事業に1400万円を計上する方針などを示した。

 タクシー券は現在、85歳以上の申請者に基本料金分の24枚を交付。制度には80歳以上には所得制限があったが、18年度からは撤廃して全ての80歳以上の申請者が対象になる。