【鹿沼】高齢者の事故防止を図るため、市が昨年8月から導入した運転免許自主返納者への市運行バスの「終身無料乗車券」交付。基本的に65歳以上の市民を対象として行われ、昨年末までの5カ月間で想定を上回る197人が申請、交付を受けた。担当する市民部生活課は「『終身無料』が免許返納に悩んでいた人の背中を押したのではないか」と話している。

 高齢者運転免許自主返納支援事業の一環。昨年7月までは、市運行のリーバス(コミュニティバス)と予約バス(デマンド交通)の1年間限定の無料乗車券が交付されていた。しかし、2016年の市内交通事故で65歳以上が72件と全体の約37%を占め、全国的にも高齢者の重大事故が増加したことなどから、市は運転免許の自主返納促進のため、県内初の「終身無料」を打ち出した。