境内で見つかった、オレンジのモグラ

 【下野】下古山の星宮神社(小林靖(こばやしやすし)宮司)境内でこのほど、オレンジのモグラが見つかった。

 小林宮司(55)の妻則子(のりこ)さん(54)が12日の早朝、鳥居近くの参道で発見。「ゴールドにも見えて縫いぐるみかなと思った」。モグラは本物ですでに死んでいた。

 県立博物館の林光武(はやしてるたけ)自然課長によると「この20年で2、3例あった程度で珍しい」という。先天的に色素に異常のあるアルビノではなく「原因は分からない」。

 小林宮司は「亡くなる前に、神様に会いに来たのではないか」と話している。