小野崎さんが担当した「乃木坂46」の字(小野崎さん提供)

 【矢板】書家で黒磯南高講師小野崎啓太(おのざきけいた)さん(31)=片俣=は、11日に発売されたアイドルグループ「乃木坂46」のアルバム収録曲のミュージックビデオ(MV)でタイトルの文字を手掛けた。MV内ではグループ名と曲のタイトル「僕の衝動」を書で力強く表現。小野崎さんは「たくさんの方が見るMV制作に携われてうれしい。現代的な物にも書が合うことを広めたい」と話している。

 小野崎さんは、6歳から書道を始め、2008年の独立書展で最高賞の独立賞、14年の毎日書道展で公募部門最高賞の毎日賞などの受賞歴を持つ。現在は黒磯南高に勤務する傍ら、作家活動励んでいる。

 今回、ブログで小野崎さんを知ったMV制作会社から依頼を受けた。MVでは、冒頭にグループ名が映し出されるのに続き、メンバーが和の装いで立つ映像に合わせて「僕の衝動」と迫力ある筆跡で記した作品が流れる。

 MVではメンバーの和の服やアップテンポな曲に合わせ、力強さの中に流れを表現できる行書を中心に仕上げた。MVを40回ほど見てイメージを膨らませてから一気に書き上げたという。字を崩しすぎないことや、映像と合わせた際にメンバーの顔が隠れないようにするなど「映像との調和を意識した」と振り返る。