駅前の広場に設置された「クリエイターズ・デパートメント」のログハウス

 【高根沢】町内での創業を応援しようと町がJR宝積寺駅前に整備したお試し創業施設「クリエイターズ・デパートメント」が22日、オープンする。応募者の中から選ばれた5人が夢の実現に挑戦する。町や町商工会は人気イベントの「駅の前のマーケット」や「軽トラ市」を同時開催して、5人の船出を支援する。

 同施設は、駅東口の広場に町が設置した移住・定住・創業支援センターと5棟のログハウス。1棟の面積はベランダを含め約12平方メートル。町内での創業を考えている人に月1万円で、最大2年間貸し出す。

 4~5月に入居者を募集したところ、11人の応募があった。選考委員会の審査を経て、渡辺有樹(わたなべゆうき)さん(33)=さくら市出身、今城恵美(いまじょうえみ)さん(48)=町出身、町田仁美(まちだひとみ)さん(38)=同、鏑木祐子(かぶらきゆうこ)さん(55)=那珂川町出身、星絵理子(ほしえりこ)さん(40)=矢板市出身=の5人が初めての入居者となった。

 渡辺さんは楽器の修理、販売、レンタル、今城さんは県産小麦粉や町産米粉を使ったスコーンの販売、町田さんは雑貨販売とワークショップ、鏑木さんは刺しゅうで作ったオリジナル小物の販売、星さんはパン、総菜、野菜などの販売を行う。