親鸞御廟の前で手を合わせるガイドツアー参加者

 【真岡】浄土真宗の開祖で、市内などで東国布教を進めた親鸞(しんらん)聖人の足跡を知り、地域に根付く文化とのつながりを探る「真岡文化遺産フェスティバル」が17日、荒町の市民会館で開かれた。有識者による講演やシンポジウムなどが行われたほか、聖人が建立した如来堂を礎とする高田の専修寺(せんじゅじ)を巡るガイドツアーも開催。聖人が歩いた地でその空気を吸い、史実に触れた参加者からは「聖人の姿や地域の文化が生まれる源泉を立体的に感じることができた」との声が聞かれた。

 フェスティバルには約700人が来場し、基調講演では筑波大名誉教授の今井雅晴(いまいまさはる)さんが登壇した。

 今井さんは「聖人が関東で布教し、京都に戻った後も交流が最も多かったのが専修寺を中心とした高田門徒だった」と指摘。現在、三重県にある真宗の本山に残る聖人が記した書物などの4割は同寺が保存していたことを紹介した。