協定を結んだ江部球団社長(左)と大久保市長

 【小山】野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は28日、市と「地域支援パートナー連携協定」を締結した。市の支援を受け、野球事業を通じた地域活性化や交流に協力する。栃木GBが自治体と協定を結ぶのは初めて。

 協定によると、栃木GBは市から500万円の支援を受け、市所有の施設を可能な限り利用できる。また、年2回の小山市民デー開催や選手・スタッフによる交流事業を予定している。

 市役所で行われた調印式には江部達也(えべたつや)球団社長ら3人が出席。大久保寿夫(おおくぼとしお)市長は「青少年がプロスポーツに触れることでスポーツへの期待が育まれる。これからもオール小山で応援する」とあいさつ。江部球団社長は「一球一球、一試合一試合、一日一日常にチャレンジして一生懸命取り組んでいく」と意気込んだ。