上級生の出迎えを受ける新1年生

 【栃木】小規模特認校制度を導入している大宮南小(67人)で19日、4月に入学した新1年生18人を歓迎する「1年生を迎える会」が開かれた。

 同校は2013年、小規模の小中学校を対象に市教委が学区外からの通学を認める同制度を市内で初めて導入。本年度は新入生6人を含めた29人がこの制度を利用して通学している。

 5年生と6年生は合わせて16人以下のため、文科省の規定で複式学級となっているが、同制度導入以降に入学した5年生以下の児童数は増加傾向。来年度は複式学級は解消される見込み。