県県土整備部は16日、整備を進めている国道408号宇都宮高根沢バイパスの一部を21日に開通させると発表した。

 開通するのは同バイパス(6・6キロ)のうち、県道宇都宮那須烏山線と市道清原学園通りまでの2・7キロ。片側1車線で、21日午前11時から通行可能になる。