開山1250年の節目の年が終わりを告げようとする中、日光市山内の世界遺産日光山輪王寺で21日、正月用の餅をつく「御供加持(ごくうかじ)」が行われ、山伏姿の僧侶が新たな50年の出だしに向けて勇壮にきねを振るった。

 ほら貝の合図で一山の僧侶らが本堂「三仏堂」前の結界に入り、読経をささげるなどして臼を清めた。きねを持った山伏は若手僧侶たち。湯気が立つもち米を力いっぱい練り、威勢よい声を響かせて餅をついていった。