任期満了に伴う3月20日告示、25日投開票の那須町長選で、3選出馬を表明している現職の高久勝(たかくまさる)氏(62)が7日夜、同町寺子乙の町文化センターで開かれた後援会臨時総会後に記者会見し、立候補を取りやめ勇退する意向を明らかにした。昨年9月に脳内出血の疑いで入院し、退院後もリハビリを続けているが、回復が遅れ出馬を断念した。

 高久氏は後継候補に町議会議長の大島光行(おおしまみつゆき)氏(64)=那須町富岡=を指名。同席していた大島氏は「高久町政を継続しつつ、さらに町を発展させたい」と立候補を表明した。

 総会には約80人が出席。総会後、高久氏は「(自身の体調を)不安に思う町民の声を耳にした。これ以上不安にはさせられない」と説明した。一方、大島氏は「町長はじめ支持者の無念を背負う」と語り、「希望と夢が持てるまちづくりに取り組む」などと述べた。無所属で立候補する方針。