福田富一(ふくだとみかず)知事は16日の定例記者会見で、憲法改正の議論で焦点となっている参院選「合区」解消について「代表制は都道府県にあってしかるべきだ」と述べ、都道府県ごとに1人以上選出できる内容に改正する必要性を強調した。

 合区解消については、与党内でも公明党が慎重論を唱えており、自民党以外では賛意が得られていない。福田知事は、人口減少の中で地方創生に取り組む地方の窮状を訴えた上で、「参院は特に地方代表という意味合いが強い。1票の格差の問題もあるが、地域の重みを議員バッジにつなげていくことが必要ではないか」と持論を述べた。