県選管は20日、日光市の期日前投票所(豊岡地区センター)で、衆院選の投票用紙の交付ミスがあったと発表した。

 県選管によると、投票用紙の残数を確認したところ、20日の投票者数に対して小選挙区選挙の投票用紙が1枚少なく、比例代表選挙の投票用紙が1枚多かった。比例代表選挙の投票用紙を交付する際に、誤って小選挙区選挙の投票用紙を交付したとみられる。

 この投票所では、1人の職員が小選挙区選挙、比例代表選挙、国民審査の投票用紙を交付していた。