市が贈呈を始めた「お祝いのメッセージ」

 【下野】市が本年度から新たな取り組みとして産後間もない母親へ贈呈している感謝状「お祝いメッセージ」が好評だ。温かみのあるデザインは発案者でもある市総合政策課秘書担当泉田由利子(いずみたゆりこ)さん(39)=三王山=が手掛けた。2児の母でもある泉田さんは「頑張っているお母さんたちに『ありがとう』の気持ちが届きますように」と子育ての“先輩”としてエールを送っている。

 市では2008年度から、子どもたちの健やかな成長を願って父親や母親が安心して子育てができるよう「こんにちは赤ちゃん事業」を実施。市から委託を受けた助産師が生後4か月までに全ての子どもを訪問。保護者から育児に関する悩みや相談を受けるほか、必要なサービスの情報提供などを行っている。

 「お祝いメッセージ」は原則として同事業の訪問時に手渡しする。