10日公示-22日投開票の衆院選で、栃木2区から立候補予定の前職福田昭夫(ふくだあきお)氏(69)は3日、無所属で立候補する意向を表明した。福田氏は希望の党への合流を表明したが、同党が同日発表した第一次公認候補には含まれていなかった。

 一方、同党の第一次公認候補者に、本県小選挙区では1区の元職柏倉祐司(かしわくらゆうじ)氏(48)、3区の新人渡辺美由紀(わたなべみゆき)氏(58)、4区の新人藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(40)、5区の新人大豆生田実氏(51)の4人が決まった。