安倍晋三(あべしんぞう)首相(自民党総裁)が示した「改憲4項目」のうち、憲法9条への自衛隊明記をテーマに開かれた12日の党憲法改正推進本部。党内では首相案に異論も出ているが、船田元(ふなだはじめ)本部長代行は、全体会合に先立つ役員会で「9条2項をそのままにして、その上で自衛隊の存在を明記するべきだ」と、首相案に賛成する考えを強調した。

 9条の1項、2項を維持した上で自衛隊の存在を規定する条文を追加する首相案と、戦力の不保持などを規定した9条2項も改正すべきだとする案の両論が出ている。全体会合後、船田氏は取材陣に対し「(両論は)天と地の差がある。合意点はみられないという状況だ」などと述べた。