JR宇都宮駅東側への次世代型路面電車(LRT)導入を目指す宇都宮市などが申請している軌道敷設に必要な工事施行認可で、ルート上の県道を管理する県は1日までに、工事に同意する議案を県議会9月通常会議に提出することを決めた。交通への影響や法令のみを判断材料として同意するもので、支援の在り方は引き続き検討する。

 県は同意する理由として、軌道敷設に伴い必要となる安全対策を反映していることや、周辺道路も含めた道路網全体としての機能を損なわないよう必要な交通円滑化対策が講じられていることなどを挙げている。県は昨年、事業の特許取得に向けた事業計画認定に際して国から意見を求められており、「(道路管理上支障がなく)異議なし」と回答していた。

 議決された場合、福田富一(ふくだとみかず)知事が各道路管理者(国土交通省関東地方整備局長、知事、宇都宮市長、芳賀町長)の意見を添えて国土交通相に申請書を提出する。