開幕戦で栃木GBの選手に声援を送る観客=8日午後3時、清原球場

 野球の独立リーグ・ルートインBCリーグは8日開幕し、今季から参戦する栃木ゴールデンブレーブス(GB)は清原球場で武蔵(埼玉)と対戦、3-2で逆転勝ちし、リーグデビュー戦を白星で飾った。

 六回まで2安打無得点に抑え込まれた栃木GB打線は、2点を追う七回2死一、二塁から、途中出場の江畑秀哉(えはたしゅうや)の投ゴロが一塁への悪送球を誘う間に2者が生還して同点。さらに一、三塁から一番を打つ野崎新矢(のざきしんや)(大田原高出)が中前に弾き返し、勝ち越した。

 守っては先発のホーキンが六回途中まで11安打を浴びながら2失点と粘りの投球。その後は小林佑輔(こばやしゆうすけ)、中崎雄太(なかざきゆうた)とつなぎ、最終回は橋詰循(はしづめじゅん)が1死一、二塁のピンチをしのいだ。