2015年4月、1型糖尿病だった宇都宮市東原町、小学2年今井駿(いまいしゅん)君=当時(7)=の両親にインスリンを投与しないよう命じて駿君を衰弱死させたとして殺人罪に問われ、一審宇都宮地裁の裁判員裁判で懲役14年6月(求刑懲役15年)を言い渡された下野市小金井1丁目、建設業近藤弘治(こんどうひろじ)被告(63)の控訴審判決公判が26日、東京高裁で開かれた。合田悦三(ごうだよしみつ)裁判長は、近藤被告の控訴を棄却する判決を言い渡した。