宇都宮市や芳賀町などが導入を進めている次世代型路面電車(LRT)事業について、国土交通省が20日、軌道工事に必要な「工事施行認可」を出した。LRTの全線新設は全国初で、同市は2022年3月の開業を目指す方針。

 認可を受けるのは、同市などが計画するJR宇都宮駅東口から芳賀町下高根沢の芳賀工業団地内までの延長14・6キロ。総事業費は約458億円。