足利署は11日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)、道交法違反(質問票の虚偽申告)の疑いで足利市、30代パート従業員女性を宇都宮地検足利支部に書類送検した。

 送検容疑は7月27日、足利市内の県道で乗用車を運転中、病気の影響により意識を失い、対向車線にはみ出し、県外在住、70代の無職女性の乗用車と衝突し、70代女性の首などに約2週間のけがをさせた疑い。また、女性は、昨年の運転免許証更新時に、病気に関する質問票に虚偽の記載をして免許を更新した疑い。