超大型で非常に強い台風21号は21日、沖縄の南の海上を北東に進んだ。衆院選投開票日の22日から23日にかけ、全国的に大荒れの天気になる可能性が高い。早ければ22日深夜にも本州に上陸する見通しで、土砂崩れや河川の氾濫に厳重な警戒が必要だ。本県には23日に最接近する見込み。宇都宮地方気象台は「土砂災害や低い土地の浸水に警戒してほしい」としている。

 接近前から大雨が予想され、県内の22日午後6時までの24時間の予想雨量は南部、北部とも多い所で100ミリ。23日午後6時までの24時間の予想雨量は南部、北部とも多い所で200~300ミリの見込み。