宇都宮地方気象台は21日午後5時44分「台風第21号に関する栃木県気象情報」を発表した。台風は、23日には栃木県にかなり接近する見込み。日本の南に停滞する前線の活動が活発となり、台風が接近する前から大雨となるおそれがあるとして、警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、県内では22日夜は激しい雨が降る見込みで、23日にはさらに強まるおそれがある。22日午後6時までの24時間に予想される雨量は、南部北部とも多いところで100ミリ、23日午後6時までの24時間に予想される雨量は、南部北部とも多いところで200ミリから300ミリ。