うっすらと雪化粧した那須岳=19日午前9時50分、那須町湯本

 上空に冷たい寒気が入り込んだ影響で那須町の那須高原などでこの秋一番の冷え込みとなった19日、那須岳(茶臼岳)や朝日岳が雪化粧した。

 宇都宮地方気象台によると同日朝、那須高原は5・1度、今市では7・5度で今秋の最低気温を記録。日中も気温は上がらず、最高気温は、県内の観測地点のうち奥日光を除く13地点で今季最低となり、11月下旬~12月上旬並みの寒さとなった。

 那須岳周辺の岩肌や登山道も、うっすらと雪に覆われた。思わぬ雪にハイカーたちは景色を写真に収めるなどして登山を楽しんだ。友人4人と訪れた愛知県春日井市、無職山田文和(やまだふみかず)さん(68)は「雪が積もっていて驚いた。雪と紅葉のコントラストがきれい」と話していた。