たわわに実るシャインマスカット

 【那須塩原】那須高原の標高600メートルにある板室のブドウ園「那須高原 那須のしらゆきファーム」で皮ごと食べられる「シャインマスカット」が食べ頃を迎えた。高原の昼夜の大きな気温差の中で栽培されたシャインマスカットは、程よいよい甘さと酸味、パリッとした皮の食感が楽しめるという。

 園主の渡辺邦男わたなべくにお)さん(66)は大手電機メーカーの元技術者で、定年退職後の2011年にブドウ園を開園した。「今年は天候不順が続き収穫が遅れるなど苦労したが、例年通りおいしく育った。板室の観光を楽しみながらぜひ来てほしい」と話している。

 販売はなくなり次第終了。10日ごろからは「甲斐路(かいじ)」や「藤稔(ふじみのり)」といった品種も販売する。

 午前9時~午後3時半。月火曜定休。(問)渡辺さん090・8489・7806。