初霜が付いた戦場ケ原のミヤコザサ=29日午前6時20分、日光市中宮祠

 奥日光は29日早朝、この秋一番の冷え込みとなり、戦場ケ原(標高1394メートル)では初霜と初氷が同時観測された。昨年より1日早い。

 戦場ケ原で気象観測を続ける物産店経営鶴巻正男(つるまきまさお)さん(68)によると、最低気温は午前6時の氷点下3度。下草は霜で白く染まり、観測用バケツに0・5ミリほどの氷が張った。