宇都宮市本丸町の宇都宮城址(じょうし)公園付近で2016年10月、連続爆発が発生し3人が重軽傷を負った事件で、手製の爆発物を爆発させたなどとして、県警は23日、殺人未遂や爆発物取締罰則違反、非現住建造物等放火の疑いで、自殺した同市針ケ谷町、元自衛官で無職栗原敏勝(くりはらとしかつ)容疑者=当時(72)=を容疑者死亡のまま書類送検した。