2015年4月、1型糖尿病だった宇都宮市東原町、小学2年今井駿(いまいしゅん)君=当時(7)=の両親に命じてインスリン投与をさせずに駿君を衰弱死させたとして、殺人罪に問われた下野市小金井1丁目、自称「龍神(りゅうじん)」の建設業近藤弘治(こんどうひろじ)被告(62)の裁判員裁判判決公判が24日、宇都宮地裁で開かれた。佐藤基(さとうもとい)裁判長は「(駿君が)死亡する危険性を知りながら、投与しないよう指示した」として殺人の関与と殺意を認定し、懲役14年6月(求刑懲役15年)を言い渡した。

 近藤被告による投与中止の指示が殺人の実行行為に当たるかどうか、殺意の有無などが争われていた。

 佐藤裁判長は、被告が駿君の母親に対して「インスリンは毒だ」などとメールを送っていたと指摘。「被告の指示により、死亡の危険性がある投与中止が実行された」と、殺人の実行行為を認定した。

 殺意について、2014年末に両親と契約した当初から、投与がなければ駿君が死亡する危険性を認識していたことを判示。駿君の容体悪化を知りながら放置し死亡を認容したとして、「未必の故意」を認めた。

 被告は、証言台のいすに浅く腰掛けて判決を聞いた。納得いかないような態度で首をかしげたり、ため息をつくなどして不満をあらわにした。判決後、控訴の具体的方法について、自ら裁判長に尋ねた。