映画「ゴジラ」のテーマ曲などで世界的に知られ、戦後日光市内で暮らしたことがある作曲家伊福部昭(いふくべあきら)のCD「伊福部昭没後10年記念演奏会」が制作された。

 県交響楽団(栃響)が伊福部の没後10年を追悼して行った昨年6月の第101回定期演奏会を収録。曲目は「管絃楽の為の音詩『寒帯林』」、「舞踊曲『プロメテの火』~第3景『火の歓喜』」、「SF交響ファンタジー第1番」、「ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ」。

 指揮は、作曲を伊福部に師事した今井聡(いまいさとし)と、同楽団の荻町修(おぎまちおさむ)。ピアニストには日光市出身で伊福部の教え子、山田令子(やまだれいこ)を迎えた。