県教委は17日、インフルエンザとみられる症状が相次いだため、栃木工業高が17~20日の4日間、学校休業すると発表した。全校生徒599人のうち、101人が欠席した。県内の公立学校でインフルエンザによる学校休業は今季初。

 県教委によると、高校の全校休業は珍しく、記録が残る2011年度シーズン以降初めて。15日に3年の1学級が休業して以降、急激に増えたという。

 このほかの17日分の発表は次の通り。

 学年休業 栃木市家中小(2年)下野市古山小(6年)▽学級休業 鹿沼市西中(1年2学級)