カラスが数の大小を認識できることが3日までに、宇都宮大農学部の杉田照栄教授(動物形態学)のグループの研究で分かった。同日までに国際的な動物行動学会誌「アニマルビヘイビア」に掲載された。カラスの数の認識力を証明した実験は世界初。2003年から杉田教授と学生らが実験を重ねてきた。杉田教授は「脳の一部をみれば、人間の5、6歳に当たる能力がある」と話している。

 実験はハシブトガラス8羽で行った。カラスを入れたケージ内に、同じ餌入れ容器を二つ用意し、それぞれに2個と5個の丸印を描いた紙製のふたをかぶせた。5個の方だけに餌を入れ、ふたを破って食べられるようにし、餌の取得率が7割を越えるまで訓練した。

 その後、マークについて(1)配置を換える(2)三角や四角にする(3)大きさを変える-の3パターンで1羽につき20回実験。マークの位置や形、空いたスペースの面積で判断していないことを裏付けた。

 さらにマークの数を2~8個に変え、3個と5個、5個と8個というように5パターンで同じく20回実施。5個と6個の組み合わせ以外は、平均約70%から約90%と高確率で、数が大きい方の容器を選んだことから、カラスは数の大小が分かると判断した。個々の取得率は最高82%、最低69%で、個体差があることも分かった。

 杉田教授らのこれまでの研究で、カラスには人間の男女の顔を見分ける能力や、図形の認識力、犬とネコ、動物と植物を識別する分類思考能力があることなどが分かっている。

 杉田教授は「改めてカラスの知能の高さに驚いた。人間社会で敵視されやすいカラスだが、生態を解明することでよりよい共存関係につながるはず。今後も隠れた能力を引き出したい」と話している。