14日午後1時20分ごろ、宇都宮市東木代町の鬼怒川右岸河川敷で火災があり、下草約1712平方メートルを焼いた。けが人はなかった。

 宇都宮南署によると、釣り人が煙が上がっているのを発見し119番した。同署で原因などを調べている。