本県など関東地方や福島県の高校でボールなどの野球道具が盗まれた事件で、栃木や埼玉など5県警の捜査班は11日、窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した水戸市、土木作業員男(20)=窃盗罪などで公判中=ら2被告が関与したとして2016年2月~17年8月ごろに本県を含む5県の17校で18件、ボールやバット約8300点など総額約230万円相当の窃盗被害を確認、追送検し捜査を終結した。

 これまでの立件分を含めると被害は5県の23校で24件、ボール約1万個超など総額約330万円相当になる。新たに益子芳星高などの被害も判明。被害は本県が最も多く、計8校でボール約3500個、バット8本、グローブ5個など約128万円相当に上った。