22日、小山市、パート従業員女性(64)から、現金10万円をだまし取られたと警察に届け出があった。小山署は特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、21日午前、女性の自宅郵便受けに「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと書かれたはがきが届いていた。同日午後、はがきに記載された電話番号にかけると、男性から「国選弁護人を紹介します」などと言われ、この男から指示された電話番号に電話すると別の男から「告訴を取り下げる手続きをしますので、10万円を支払ってください」などと言われ、信じた女性は同市内のコンビニエンスストアで10万円を払い込んだ。その後、女性がインターネットで調べて被害に気付いたという。