21日、真岡市、飲食店支配人男性(64)から、現金18万6千円をだまし取られたと警察に届け出があった。真岡署は特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、15日、会員料金未納に関するメールが届き、16日、男性が記載されていた連絡先に電話すると「支払わないとブラックリストに載り、もうインターネットが使えなくなります」などと言われた。これを信じた男性は、同日、真岡市内のコンビニエンスストアで、現金18万6千円を支払ったという。男性はその後、警察に相談し、だまされたことに気付いたという。