栃木署は7日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道交法違反(救護措置義務違反、事故不申告)の疑いで、栃木市、造園業の男(66)を逮捕した。

 逮捕容疑は、5日午後4時22分ごろ、同市箱森町の県道で普通貨物自動車を運転し、渋滞で減速していた普通貨物自動車に追突。この車がさらに前方の乗用車に追突し、それぞれの運転者に軽い首のねんざを負わせたが、現場から逃走した疑い。

 容疑を認めているという。