シカが飛び込んできた和室の窓=6日午前9時、さくら市草川

 6日午前6時25分ごろ、さくら市草川、会社員男性(39)方で、シカが1階和室の窓ガラスを突き破って侵入、室内を暴れ回り同じ窓から外に逃げた。

 さくら署によると、シカは体高約1メートルで角が生えていた。現場は国道4号の西にある住宅街で、同署は近くの学校や住民などに注意を呼び掛けている。

 同市の幹部職員によると、市内では35年前に喜連川地区でシカの目撃情報があったが氏家地区での出没は聞いたことがないという。

 男性によると、物音がしたため和室を見るとシカが窓ガラスを破って飛び込んできた。2階に逃げて間もなく戻ると、シカと鉢合わせ。シカは隣室の窓に体当たりして逃げようとしたが二重ガラスだったため内側のガラスしか破れず、和室に戻って侵入した窓から逃走したという。この間、1分ぐらい。和室とリビングの窓ガラス計2枚と障子2枚が破損した。

 昨年8月に同市へ引っ越した男性は「シカがいるとは思っていなかったので信じられない」と話した。