23日、那須烏山市、無職女性(45)から、会員登録未納料金として電子マネー58万2000円相当をだまし取られたと警察に届け出があった。那須烏山署は特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、21日、女性の携帯電話にインターネット通販会社から会員登録金未納により訴訟となるという内容のショートメールが届き、女性が記載された連絡先に電話をしたところ、「年末ごろ、会員登録をしているが会費未納なので、延滞金を支払ってほしい。電子マネーで支払うと滞納額の1カ月分が戻ってくる」などと言われた。これを信じた女性は那須烏山市内のコンビニエンスストアで購入した電子マネーの認証コードを、電話で相手に伝え、58万2000円相当をだまし取られたという。