塀や電柱に衝突し、ボンネットが折れ曲がるなどした大井容疑者のワゴン車=5日午前、宇都宮東署

 宇都宮市内で県警の男性巡査長が酒気を帯びて車を運転し、単独事故を起こしたとされる事件で、県警は5日、酒気帯び運転と事故不申告の疑いで同市横山3丁目、下野署地域課巡査長大井啓(おおいあきら)容疑者(32)を逮捕した。「宇都宮市内の居酒屋で同僚と酒を飲んだ」などと容疑を認めているという。県警は今後、飲酒状況や事故の経緯などを詳しく調べ、処分を検討する。

 逮捕容疑は4日午前2時半ごろ、同市横山1丁目の市道で酒気を帯びてワゴン車を運転し、反対車線を越えて道路右側のブロック塀や電柱に衝突する事故を起こしながら、警察に申告しなかった疑い。けが人はいなかった。

 県警によると、大井容疑者は3日が休みで「夜から宇都宮市内の居酒屋で同僚2人と酒を飲んだ」などと説明しているという。「ビールや焼酎を飲んだ」とも供述。同僚2人は所属が異なり、「(容疑者が)運転して帰るとは思わなかった」と話しているという。

 事故現場は大井容疑者宅から約1・5キロ南の直線道路で、帰宅途中だったとみられる。大井容疑者のワゴン車は、電柱に衝突した状態で停車していた。

 通行人の110番で宇都宮東署員が駆け付けると、助手席から大井容疑者が1人で降りてきたという。呼気検査で基準値以上のアルコールを検知した。