20日午後1時58分ごろ、JR日光線下野大沢~今市駅間(日光市土沢)で、豪華寝台列車「トランスイート四季島」用の車両が試運転中に故障し、停車した。この影響で、JR日光線は午後6時21分まで、今市~日光駅間の上下線で運転を見合わせるなどした。

 JR東日本によると、当該の車両が走行中、運転台のモニターに故障表示が出た。駆動や車内サービスに使う電源用のエンジン故障とみられる。車両は上野(東京都)を出発し、手稲(北海道)に向かう途中だった。

 JR日光線は上下12本が運休(区間運休を含む)、約2000人に影響した。