16日午後2時半ごろ、宇都宮市大通り2丁目のビルで、外壁補修工事の足場設置作業をしていた足利市、会社員男性(31)と同市、ベトナム国籍、技能実習生男性(36)が、高さ約11メートルから転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。

 宇都宮中央署によると、4人で作業をしていたという。同署で原因を調べている。