朝礼で本部役職員にあいさつする束原理事長(右から4人目)=13日午前、宇都宮市下岡本町

 本部機能を本店のある那須烏山市から宇都宮市下岡本町に移転した烏山信用金庫(束原民範(つかはらたみのり)理事長)は13日、新本部で5部1室の本部業務を開始した。

 業務開始に先立つ朝礼で束原理事長は役職員41人を前に「創業70周年を迎える記念すべき年に本部組織を移すことができ、うれしく思う」と述べた。創業当時のことにも触れ、「創業の精神を持って本部組織を生かし、烏山方面、宇都宮のお客さまのため、金融の道を真っすぐに進んでいただきたい」と訓示した。