青年部連合会の設立50周年を記念した式典=16日午後、宇都宮市

 県商工会青年部連合会は16日、宇都宮市内で設立50周年大会を開いた。部員たちが節目を祝い、それぞれの社の発展を地域活性化につなげるべく決意を新たにした。

 県商工会6ブロック35青年部の代表ら約300人が出席した。記念式典では針谷伸一(はりがいしんいち)会長が「各商工会の枠を超えた部員交流でネットワークを構築し、将来の中核として組織活性化の推進力となれるよう活動を展開、支援していく。それが新しいまちづくりの原動力となることを確信している」とあいさつした。