黒内和男氏

 とちぎテレビ(宇都宮市昭和2丁目)は18日までに、任期満了に伴い、吉沢文夫(よしざわふみお)社長(68)が退任し、新社長に下野新聞社専務取締役の黒内和男(くろうちかずお)氏(63)を選任する役員人事案を固めた。19日の取締役会で諮る。

 同テレビの社長は、1997年の設立以来、2代まで筆頭株主の県から副知事経験者が就任したが、その後は下野新聞社出身者が就いていた。黒内氏が就けば、下野新聞社出身が3代続くことになる。

 黒内氏は78年、下野新聞社に入社。総務局長、編集局長、取締役、常務取締役を歴任し、2014年6月から現職。高根沢町出身。明治大経営学部卒。