希望の党から公認を得て衆院佐賀1区に立候補を予定していた原口一博元総務相が7日、無所属に切り替えると自身の会員制交流サイト(SNS)で表明した。希望の党の政策と自らの政治信条に隔たりが生じたことが理由とみられ「もうこれ以上、妥協して当選しても何の恩返しにもならない。無所属で立つ決断をした」とつづった。

 フェイスブックなどに「安倍政権を終わらせるというのは本当に果たされるのか?政策を見ても新自由主義、新保守主義ではないか?」などと疑問を連ねた。「立憲民主党の仲間と話し合う」とも書き込み、連携を示唆した。